線と束

短歌

短歌

夜空の底 けれど待ってる 今ここは映像予定地 星の来る場所

語れないルールがある 空中劇 けれど僕らは決して負けられない

あと3日の罅におちる私的な破裂 怖くたってどこかにいかなきゃ

デパートの吐かせる霧で満つ街の上下する熱で人は動機付けられてる

その弓でこの胸にあるこのうろを一生をかけて貫いて

寝なかった いつも揺れてるあの街で唯一正しい事をした記憶

神様の影を結んで澱に溜る決して燃えない火事の思惑

手のひらに炎を 手のひらに炎を 瞼には月を 手のひらに炎を

タイムアウト 片手間の言葉々々が青い夜にさす白い稲妻

暴言で錆びせた傘をあげるから そうしてかわいく破壊をしようね

状態と副作用とを持ちましょう それは詩をするために必要なこと

暗く照るチューインガムを指で結んで三角を作る夏墨の夜

そんな簡単にいったい何でどうやってどうして君が夜を越す方法

焦燥に覆いかぶさるこの雲は夏をするのに最適なやり方

反省してますか 時間は足りますか 次があること信じてますか

延長戦を支える技術 次の手を語れるような夜を退けろ

僕も君も刻む抒情や絵巻には「君」とか「僕」とかばっかりだけど

パノラマの橋の向こうには空想の思い出が降ってくる気がしてる

塩を編む僕は悪魔の一員ですが そうと知らずに育って間違った

両岸から知らないSSIDと濡れない水と知らない花火

すみません午後休みますそして息止めてささやかな灰でありたい

開幕の手を握り目を伏せ呟く最高はどれくらい最高

壊さないまま壊すには、いくらくらいのやらかさならば

ありがと、雨は朝まで止みそうにないから、まずいブラックコーヒー

皆のする血液という名のそれがどうしてお前にも濡れている

消息を寂しいと思わない事だ それはまだアヴァンなのだから

天球に知人友人を割り当てる 父はこの世の嘆き担当

それはまた致し方のないことなのだけどひとりでに得心してしまわないで

本当は語りもあえず触れれない清く正しい距離感よりは

全身で苦しんだその苦しみを一人で弄ぶギターみたいに

出来事の全てがフローに見えるのはなべて僕との相対論です

白昼の盲目のなか書く文字は僕のためでなくあなたのでもない

憎き人よ来て 第二者の見てる中 天使の路上で刺し違えよう

これは僕とあいつとあいつとあいつらをこれは裏切り これは裏切り

黴と攪拌するルーチンを飲み下す、これは、これは安寧を欺く薬

おとぎ話を追うことをせず、けれど迎合とは別個の感情

無言電話には無言しか返らずに、だるいな、夜がな手招きをする

他人を救う罪で焼かれるくらいなら聖者になんてなることないよ

彼岸とは仲良く笑いたいだけなのに、雑誌には、それを打ち勝つ方法ばかり

静寂を逃れ勝ち得た静寂をどれだけ眠れど静寂は来ずまた人は来る

行間に眠れる人を囁くのは きっと歌をするよりずっと大切なこと

入るでなく出ずるでもなく暗弱をのたうち回るエレクトリック

この唇のかける情のどれ程が無情の結果産まれた空想

一方的に謎ばかり それで分かり合えなくたっていい日が来るんだろう

あなたには距離をわかって欲しい、僕はあなたの距離の意味が知りたい

くるぶしにうそなきがはねる 今は下らない慰め、それが必要

喪失をするための風景を求めて 京都にも高架下くらいある

糖類と健康法と恋を売り、人はこの世を浪費している

気が散って三回分の夜が来る 夜が明けて夜が明けても夜が

何もない空にフォーカスが当たっちまう、終わりの半月、僕だけのアメリカ