線と束

短歌

短歌

十二時は夏にだけある 冴え方も伝わる息もすぐに忘れる

月でかつ海だから月の海では君はどれだけ軽いだろうな

改札の電光広告(ここでパン)アウトしていく 薄くなっていく

この海と君の雨とで、どちらがより意味なんだろう?

3番線知らない冬のにおいがする(誰かの幼年期に隠される)

どこにでもある他者として俺たちは戯画の血筋に流れていきます

青灯を瞑ってことば焼べましょう 我ら夜的論理のしもべ

この先は崖 でも道は木漏れ日に溶けてはれてる、だから行こうか

永劫にワイン煮詰める酒の香に華やぐ顔を見つめていたり

思い出と同じ場所の知らない場所でまた来るよって付ける傷跡

満月が溶けてたまる やさしい棘で眠らせて君はやさしくしてくれる

時計が 反響する 交差点のアメーバ の一つ の気持ちを知る

神性を取り戻せ 捻じ曲げてしまえ 古き悪きそのままの時代へ

夢で君は空を表す色であり全てを含む補集合

その伽藍崩して形而思い出して色々透るさやかなビーズ

空気が起動して 導いてくれますように 磁力のままでこの街へ

僕たちの味覚は低劣であり、胃は駄菓子によって傷害されている (萩原朔太郎「詩の原理」について)

情けなくて死ぬには足りない男性のしかしこそばい情けなるもの

霊として生まれた損ねた回折ですから、不協和音とよく協和する

密約をしたはずだけど蝉静もしかしたらまだかもしれない

面影にノスタルジヤを迷い、迷い飽くことはなく見やる、見やる

僕の視界にあなたの背負う 余白 は世界を含む透明な豊穣

開けておくファインダー 寂しがる顔してどこか秋を呼んでる

液晶のおかげで闇を摘むことが出来ない これは、ストーリーですか?

夏はまだ一筋であって今でもすぐにでも取り出せる全天の思い出でありたい

夕静は続かないのに (消える螺旋) まだ (切る空閨) 帰れないんだ

後手に捨てるシンハー この消息は相対線にしずむ落書き

いつか昼する風景は白くて重くて証明しなくなっていくようだ

呆けているあなたの役場誰よりひしゃげた正慎に星辰に

伝わらないからもう一度伝わらないからもう一度を毎日だってして

昇華すら残らぬような放課後だった でも夜は電気電気の烏色

生憎だが別のやりかたで広がる世界だがいっしょに揺れるのもいいものでしょう

解凍される夜窓開けて一億の簡単な日をその口に入れる

50時に猫の風まだ夜のままかき消す人の生き声はせず

間違うには充分なほど神聖な昔の真夏の子豚の苦味

決定を振る舞うあなたは太陽と同じ種類の再現者

月台の列車に映す風景の静かさに射す昼が飛んでる

信じれるまで何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度でも

その声が視界にめぐる血液の鉄の熱さの第一の理由

きらやかな花で尽くして、でも消した事の痛みは消してないから

水のあと交差で触れて奪いとる君が魔法を上手くやる骨

僕が読めばあいつが鍵を、僕が鍵を打てばあいつの鍵を打つ夜

横たわるその口元に祝祭と約束をひとつ置き去りにして

部分空に傾く地域のセンサード 語ることとは失うことで

水夜に三度目覚めて三度見る ***と次の夢を見る夢

天気とは水や光でなく明日を消去法する予兆のことだ

おやすみも会話も影も足りなくて名前だけしか抱けないでいる

ページ記憶が調子よく盲いてく 感傷についてのページネーション

網があるって瞬間に経済する事はやめて、毎日水をあげよう

どの北を向けど条々 遊べない土曜の雛が待ち構えてる